new.

town

copyright © 2011-2018 京都で風呂敷とともに暮らす

last updated :

  1. 風呂敷は、日本で古くから生活の中に取り入れられてきた美意識の高い文化の1つです。
  2. 品物を贈る時に見た目の美しい風呂敷で包んで持ち運び、相手の目の前で
    包みをほどいて品物を出すことで、温かい気持ちがあふれてきます。
    これはプレゼントにもできるもので、風呂敷を贈る際に
    更に風呂敷でラッピングする、なんていう楽しみ方もあります。

  3. オリジナルふろしき製作も結構楽しいものです。
    デザインや絵を描くことが好きな人にはもちろん、例えば子供たちに描いてもらった絵を
    風呂敷の柄としてのせて、家族で持ち歩くというのも素敵です。
  4. 使い勝手も幅広く、親しまれているお弁当包みから
    ティッシュカバーやテーブルクロス、またエプロンとしても
    代用することが可能です。
  5. 明るく華やかなイメージ
  6. 風呂敷は大判のものもあり、正方形に近い形状をしているので
    封筒のような薄い物から菓子箱、ワインやお酒の瓶まで包むことができます。
    柄や色が多様化されていますので、用途に添って選ぶことができます。
  7. 使わなくなった風呂敷はリメイクすることができます。
  8. 絹や綿に、レーヨンやポリエステルが混ざったものが現在は多いため、
    丈夫で長持ちするものが多くなっていますから、風呂敷通販などの
    オンラインショップで購入し、役目を終えたらのれんやエコバッグ、
    クッションカバーなどにリメイクをすることが可能です。
  9. 代用
  10. なぜ日本ではゴミを分別するのか、その背景とは

  11. 日本では各地方自治体毎に細かくゴミの分別が規定されており、世界の中でも
    ゴミの分別に非常に厳しくて慎重に行われている国であると言われています。

  12. 現代における日本においてこのようなシステムになった背景には、戦後の高度成長期に
    大量生産と大量消費型の経済構造が形成されたことが大きく影響しています。

    高度成長期には都心部を中心に企業や家庭から排出されるゴミが急増し、
    その種類も多様化していきました。

    さらには工業化の過程の中で、有害廃棄物がさまざまな公害を引き起こす結果も
    社会問題としてクローズアップされてきたのです。

    その後、1980年代後半からはバブル景気によってさらに生産や消費活動が拡大し、
    一般家庭においても家電を中心とした大型の廃棄物等も増えており
  13. ペットボトルが普及しはじめた事などにより、廃棄物の種類がさらに多様化されたのです。

    1983年末頃からは、ゴミ焼却施設のハイなどから人体に悪い影響を及ぼす
    ダイオキシン類が含まれていたことが問題となり、1991年に産業物処理法が改正されました。

    それによって廃棄物の排出抑制と分別、再生が目的に加わり、環境省2016年版「環境統計集」によると
    2000年をピークにゴミの排出量は減り続けているのです。

  14. リメイクしやすい風呂敷を使って環境のためを考える

  15. 丈夫な布地なので、汚れても洗濯機で洗うことができますし
    色や柄も豊富ですから、季節によって使い分けて楽しむことができます。
  16. また、リメイクすることで、新しい命を吹き込まれますので
    そういった意味でも長く活用することができると言えるでしょう。
  17.  

 

歴史 日本らしさ 風呂敷の魅力 暮らしの中に 現代へのアレンジ 使い方 デザイン サイズ 包み方 正絹素材 レーヨン SITEMAP