使い方

何でも包むことができて、柄も豊富なことで若い人の中でも人気がある風呂敷は、
袱紗として冠婚葬祭などでも使用することができます。
色にさえ気を付ければ、なんでも包めてかさばらないので非常に便利です。

大きさはいろいろあり、巾という横の長さで表されます。
一巾は約36センチで中巾は45センチで、それから布団を包める大きさまで10種類ほどあります。

新しい季節の芽吹き

中巾は便利な大きさなので、慶弔どちらにでも使える
紫か紺の無地のものをひとつ持っておくと重宝します。
いざというときさっと使えて、それでいてちゃんとした印象があります。

風呂敷を袱紗として使うときの注意する点がいくつかあります。

慶事では色は明るめの赤や朱色のものを選び、広げた中央に金封を置きます。
金封を正面に見て左からたたみ、最後に右が被さるようにします。

弔事の場合は、悲しみの気持ちを表すように深い暗めの色を用います。

たたみ方は逆で、中央に香典袋を置き右からたたみ、最後は左が被さるようにします。

満開

このように、風呂敷は袱紗としても使えますが、たたんでカバンに入れておけば
荷物が増えたときやお土産を買ったときなどにも便利ですのでおすすめです。

様々な大きさの箱はもちろんワインやスイカのような、どんな形にも
応用が効く非常に便利なツールとして活躍する風呂敷ですが、
贈り物に使うときは、結び方にも気をつける必要があります。

古くから使われているものだから、マナーもきちんとしたいものです。


なんかちょっとね。

 思うことあるよね?
Copyright © 2010-2015 京都で風呂敷とともに暮らす